転職はじめてセミナー

第二新卒の成功を願うなら転職活動の前に最低限やる6つのこと

2018年11月21日

生徒の田中くん
先生!!

第二新卒の転職を成功させるためにやるべきことはありますか?

あなたは、これから独りで転職活動していくのですか?

それと独りで活動していく自信はありますか??

榎木田 先生
生徒の田中くん
今は独りで活動していくのはとても不安です。
第二新卒の転職を成功させるのには最低限やっておいた方がいいことがあります。

もしかしたら、別に今やらなくてもいいと思うかも知れません。

しかし、第二新卒の転職って簡単に内定をもらえるとは私は思いません。

しっかりとした準備をしていかないといざという時に手遅れになってしまうのです。

榎木田 先生
生徒の田中くん
正直、私は余裕をかましていたのかもしれません。

転職に準備なんかいるのですか??

履歴書と職務経歴書書けばいいだけですよね??

このままではマズイです!!

今から最低限にやっておくべきことをご紹介していきますね!!

榎木田 先生

 

 

第二新卒の成功を願うなら転職活動の前に最低限やる6つのこと

第二新卒で転職を成功させるためにやるべき5つのこと

転職活動を始める前に!!

  1. 転職エージェントに登録をする
  2. 第二新卒は転職理由をポジティブなものに変換する
  3. 第二新卒の転職で面接官はどこをチェックしているのか把握する
  4. 第二新卒の転職を成功させるにはスケジュールの逆算が必須
  5. 第二新卒転職の成功例からポイントを学ぶ
  6. 第二新卒の採用にはメリット・デメリットがあることを理解する

第二新卒の成功を願うのであれば、最低限今あなたがやるべき6つのことをまとめました。

まずは6つのことをしっかりと把握しましょう。

第二新卒はすべては準備が大切です!!

以上の事を転職活動が始める前に行うことで、しっかり地に足のついた転職活動を行えるのです。

 

 

転職エージェントに登録をする

転職エージェントに登録をする

転職活動を始めようと思っているあなた!

まず一番最初に行うべきことは、転職エージェントに登録をすることです!!

理由は、ほとんどの転職活動をしている人が転職エージェントに登録しながら活動をしているからです。

「別に私は独りでやるから登録なんてしなくてもいいし・・・」

なんて思っていませんか?

登録をすれば求人の有力な情報がもらえます。

転職エージェントは非公開求人があるので、登録しないと閲覧することが出来ません。

登録しなければ、ネット上にある求人情報しか手に入りません。

まず、ここで大きな差が生まれてくるのです!

転職を考えている人や転職活動中の人は当たり前のように登録をしてから頑張って活動をしているのです。

どう考えても、誰かが間に入って話をまとめてくれた方がいいと思いませんか?

分かりやすく言うと、代理人のような存在と言ってもいいでしょう。

「あなたの希望や将来のビジョンを企業に伝えます。」

「企業の考えや企業が欲しい人材をあたなに伝えてくれます。」

これが転職エージェントです!!

 

特徴は経験や資格などを見る書類選考がありません!≫≫≫就職Shop

 

 

第二新卒は転職理由をポジティブなものに変換する

第二新卒は転職理由をポジティブなものに変換する

第二新卒の転職を成功させるためには、まず転職理由がポジティブなことです。

そうでないと、面接のときにあなたの印象がよくありません。

前職の不満や愚痴をいってしまう人に企業は内定を出すでしょうか?

答えはNOです。

本気で転職成功をおさめたい人は、まずは転職理由をポジティブにすることが大切です!!

転職理由をポジティブにする

  1. 転職理由を前向きにして納得させ面接官の不安をなくし内定を勝ち取る
  2. やりたいことを明確にし自分の強みを売り込むことで熱意を伝える
  3. 転職理由がネガティブな場合はポジティブに変えれば面接官の不信感を取り除く
  4. 新卒での失敗を受け入れしっかり自分と向き合える人材だとアピールする
  5. 第二新卒は若くてやる気が誰にも負けないことをアピールし印象をよくする

 

転職理由を前向きにして納得させ面接官の不安をなくし内定を勝ち取る

面接官を納得させる回答をするのは結構難しいと思いますが、面接官の不安を取り除かない限り何を答えても、内定は程遠いものになってしまいます。

そこで、面接官を納得させられる転職理由を例文にしましたのでご覧いただきたいと思います。

【良い例】あなたが営業職だった場合の転職理由!!

今まで何度となく会社の営業方針についての提案をしてきましたが、1回も話し合われることなく、会議でも取り上げてもらえませんでした。

いくら新卒とはいえ、提案のダメだしすらなく蚊帳の外にされてしまうのは、今後この会社で挑戦するのは私の中で限界を感じました。

御社のように年齢や役職に関係なく、誰にでもチャンスを与えてくれる企業で自分の力を試し挑戦し、営業部になくてはならない存在になることが私の目標です。また、社会にも貢献できる人材になることです。

転職後はこんなことを目指しますといった風にした方が面接官も納得させられます。

このように前向きな答えにするとよいでしょう。

 

やりたいことを明確にし自分の強みを売り込むことで熱意を伝える

今の会社であなたの出来なかったことをまとめ、なぜ出来なかったのかを改めて知る必要があります。

失敗があったり、経験不足であることを認めたうえで、転職先であなたは何をやりたいのかを明確にする必要があります。

また転職後、どんな目標に向かってあなたは努力くしていくのか伝えることも大切です。

あなたの強みを売り込むことで、面接官にここで働きたいという熱意を伝えましょう。

 

転職理由がネガティブな場合はポジティブに変えれば面接官の不信感を取り除ける

面接官があなたへの不信感を取り除くには転職理由をネガティブなもからポジティブなものにする必要があります。

分かりやすいように、ポジティブの転職理由を例にあげますので参考にしてください。

まずは、あなたが入社した企業は思っていた職種とかかけ離れていて、これ以上仕事を続けていことに限界を感じ、全く未経験の職種に挑戦する転職理由を例としてあげてみます。

【良い例】今の職種が向いていなく未経験職種に挑戦するポジティブな転職理由

以前の会社では取引先が○○業界でした。

私の部署は特に○○業界と仕事をさせて頂くことが多く、○○業界の信頼関係で成り立っているビジネススタイルに大変興味を持ちました。

全くの未経験の職種ではありますが、私が魅力とやりがいを感じた○○業界最大手の御社で私も信頼関係を作りプロジェクトリーダーとして活躍したいと思い応募させて頂きました。

転職先を考える時には、面接する企業の職種も大切になってきます。

採用担当に違う職種だけど大丈夫ですか?と言われないように、あなたが未経験の職種に進むなら尚更です。

次に、人間関係が嫌になって仕事を辞めることになったときのポジティブな転職理由の例をご覧ください。

【良い例】人間関係が嫌になったときのポジティブな転職理由

以前の会社では、周りの同僚とコミュニケーションを取りながら仕事をすることはありませんでした。

私は、体育会系ということもあり、コミュニケーションやチームワークを得意とします。

1人で黙々と仕事をこなしていく今の会社よりも、1つのチームで目標を持って事業を展開する御社の社風に共感を受けました。

私はみんなで1つのことをやり遂げた達成感を味わいたく御社に応募させて頂きました。

 

新卒での失敗を受け入れしっかり自分と向き合える人材だとアピールする

素直に新卒の就職活動は自分の力不足や勉強不足を認める。

新たなスタートを切る覚悟を伝えて、あなたの素直さを伝えるのも1つの方法です。

伝えるときは、前向きな言葉で伝えましょう。

 

第二新卒は若くてやる気が誰にも負けないことをアピールし印象をよくする

まだ年齢も若いし探せばすぐに見つかると思っていると落とし穴があるかもしれません。

まだ、新卒気分ではないですか??非常に危ない考えです。

まだ若いとは言っても、第二新卒扱いになるのです。

第二新卒というのは、早期に仕会社を辞めてしまったとい事実がついてまわるのです。

転職活動はマイナススタートと思っていた方がよいでしょう。

マイナスイメージをはねのけるためにも、やる気をアピールすることが大切です。

 

 

第二新卒の転職で面接官はどこをチェックしているのか把握する

第二新卒の転職で面接官はどこをチェックしているのか把握する

第二新卒の転職で一番気になるのが、面接官があなたのどこをチェックしているのかという点です。

面接官がチェックしていること

  • 第二新卒の転職を真剣に考えている
  • 転職理由が後ろ向きなものでなく、前向きであること
  • 企業研究と志望理由がハッキリしている

第二新卒の転職を真剣に考えている

あなたが真剣に転職のことを考えていないと言っている訳ではございません。

あなたが転職をしたくなった原因をまとめ、転職を繰り返さないために本当に自分がやりたいことをハッキリとさせましょう。

面接官が第二新卒の転職を真剣に考えている人材だなと感じて頂けるように、あなたの熱意を伝えましょう。

 

転職理由が後ろ向きなものでなく、前向きであること

転職理由は絶対に面接時に聞かれるであろう項目なので前向きな理由にし、内容がコロコロ変わらないようにしましょう。

面接官は、色々な角度から質問をして転職理由が本当なのかを試している可能性があります。

そんなことが起きないためにも、絶対的な転職理由を用意しょう。

そして、どんな質問が来ても、転職理由と応募理由が矛盾がないように応えられる準備をしましょう。

 

企業研究と志望理由がハッキリしている

応募企業が見つかったら、企業研究をしましょう。

面接官は企業のどこに興味を持ったのか、共感したのか、感銘を受けたのかなど質問してきます。

どれだけ企業研究をして入社の意欲があるのかを面接でアピールした方が印象がよいでしょう。

企業研究をうまくしておかないと、志望理由も薄っぺらいものになってしまいます。

 

特徴は経験や資格などを見る書類選考がありません!≫≫≫就職Shop

 

 

第二新卒の転職を成功させるにはスケジュールの逆算が必須

第二新卒の転職を成功させるにはスケジュールの逆算が必須

生徒の田中くん
先生!!

成功させるためにはまず、何から始めていいのか全くわからないのですが。

確かにいざ転職活動を始めようと思っても何をしたらいいのかわかりませんよね?

間違っても、今すぐ退職届だけば提出しないでくださいね。

榎木田 先生
生徒の田中くん
すぐに辞めたくてもですか?
そうです!

通常は逆算して転職スケジュールをたてるのが理想になります。

榎木田 先生
生徒の田中くん
スケジュールですか??

いや、全く考えたこともありませんでした。

スケジュールなんて必要でしょうか??

スケジュールはとても大切です。

大抵の人はこれをやっていないと思います。

転職活動は長い間行っているからといってまくいくとは限りません

榎木田 先生
生徒の田中くん
転職理由もポジティブにしないといけなくて、今度はスケジュールですか!!

頭がパンクしそうです。

スケジュールをたてて余裕を持った転職活動を行うのが理想ですね。
榎木田 先生
生徒の田中くん
実際どのような感じで逆算スケジュールをたてて行くのでしょうか?
スケジュールの流れを説明します。
榎木田 先生
生徒の田中くん
ありがとうございます。
私がおすすめするのは、転職エージェントに登録しちゃうことです!

今すぐ登録して、半年後に新しい会社に入社予定と考えて、スケジュールを逆算してみましょう。

榎木田 先生

 

step
1
転職エージェントに登録する

第二新卒の転職を考えているのであれば、今すぐ転職エージェントに登録しましょう。

まずは転職に関しての優良情報を入手しないことには、転職活動は始まらないのです。

あなたの選択肢を広げるためにも転職エージェントへの登録は必須なのです!

 

step
2
辞めたい理由の整理、あなたは何がしたいのかを十分考える

最初の1か月目、2か月目は辞めたい理由を整理し、これからあなたが何をしたいのかじっくり考えましょう。

転職エージェントに登録しているのであれば、専任のコンサルタントに相談しながら、もし辞めたい理由がネガティブなものだったらポジティブな理由に変えていきましょう。

 

step
3
応募・面接

3ヵ月目~4か月目は応募する企業を絞り、転職理由と応募理由にブレがないように受け答えできる準備をします。

転職理由と応募理由に矛盾があると、面接官は矛盾をどんどん掘り起こしてきます。

転職エージェントに登録している場合は、専任のコンサルタントから求人の紹介を受ける可能性がありますので、積極的に応募してみましょう。

【悪い例】転職理由と応募理由の矛盾

転職理由でチームワークを重視した仕事がしたいと言ったのに、応募理由が1人でコツコツ頑張りたいですみたいな受け答え。

この回答をしてしまっては、面接官はあなたがただ会社を辞めたくて、無理やり理由を考えたとすぐにバレてしまいます。

 

step
4
内定・退職準備と入社準備

5か月目~6か月目で内定がでたら、退職準備を行います。

退職届は辞める1か月前か2か月前に提出するのが通常なのですが、企業によって就業規則が違うと思うので、早い段階で確認しておくとよいでしょう。

 

榎木田 先生
もしもスケジュールをたてるのが不安であれば、今すぐ転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントはあなたのように、転職活動が不安な人にとてもチカラになってくれます。

転職エージェントは専任のコンサルタントがついてくれるので、あなたに合わせたサービスを無料で提供してくれるのです。

どんなサービスがあるのか転職エージェントのお話聞かせてくれませんか?
生徒の田中くん
榎木田 先生

 

 

第二新卒転職の成功例からポイントを学ぶ

第二新卒転職の成功例からポイントを学ぶ

榎木田 先生
それでは、第二新卒転職の成功例をご紹介しようと思います。
成功例は勉強になりますもんね。
生徒の田中くん
榎木田 先生
どのような成功例があるのか参考にしてください。
榎木田 先生
まずは、Aさんの成功例をご覧ください。

Aさん成功のポイント

  • 自分がやりたいことを明確にし、求人内容が希望する条件ではない企業は応募しないようにした。
  • やる気を前面に出し、IT企業で働くことにとても前向きな姿勢だった。
  • 転職エージェントに登録して転職理由のアドバイスをもらった。

Aさんの場合

Aさんは、大学時代とても新卒の就職活動で苦しみました。

IT企業で働くのを夢見て、就職活動をしていたのですが全く内定をもらえませんでした。

苦しんだ末にやっとの思いで、1社から内定をもらったのです。

しかし、IT企業とはほど遠く一般の営業職での内定でした。また、就活を焦っていたため給与や休日などの条件には目をつぶって就職活動をしていたのです。

入社して半年が過ぎた頃、Aさんの心の中にどうしてもIT企業働きたいという情熱が湧いてきました。

それと同時に、完全週休2日制を希望していたAさんですが、今の営業職は隔週土曜日が出勤で体力的にも不安を感じ始めたのです。

そこから転職活動を始めたAさん。まず始めたとこは、転職エージェントに登録してコンサルタントに転職理由について相談をしました。

コンサルタントのアドバイスにより前向きな転職理由になり、応募職種をIT企業に絞り、完全週休2日制の休日希望はブレないと決めました。

採用面接では、IT企業でやりたいことをすべて伝えました。その結果、第二新卒で内定をもらいことが出来ました。

転職後は、残業が増えてしまったが、自分がやりたい仕事なので全く苦にならないとのこと。

また、完全週休2日制なのでしっかりリフレッシュ出来て毎日充実した日を送っています。

榎木田 先生
次にBさんの成功例をご覧いただきましょう。

Bさん成功のポイント

  • 徹底的に応募企業の企業研究をして、どんな会社なのか調べ上げた。
  • 辞めたい理由や自分が求める条件を洗い出し、ブレることなく面接にのぞんだ。
  • 転職エージェントに登録したため、求人の紹介と模擬面接をしてもらい準備万端で面接にのぞめた。

Bさんの場合

Bさんは、新卒の就職活動が順調で、割と早い段階で内定をもらいました。ここで、安心してしまったBさんはもう就職活動を辞めてしまいました。

やりたかった営業事務の採用面接を受ける前に、内定をもらったサービス業の世界へ軽い感じで入社してしまいました。

入社してみると、企業研究不足が露呈してしましました。先輩社員からの嫌がらせや、休日出勤が当たり前の会社だったのです。

すぐに転職活動を始め、辞めたい理由・自分が求める条件・応募する企業研究を確実に行いました。

しかし、スムーズな転職活動にはほど遠く、途方に暮れてしまいました。

そんな時に転職エージェントの存在を知り、専任のコンサルタントと面談を行ってからは、スムーズに転職活動を行うことが出来ました。

そして、自分がやりたかった仕事である営業事務の仕事を転職エージェントから紹介してもらい、模擬面接もしてもらい準備万端で面接にのぞみました。

面接では新卒の就職が自分の勉強不足だったことを認め、面接官にやる気を思う存分出し切って、見事、第二新卒の内定をもらうことができました。

転職後は、企業研究のせいもあって、会社に不満もなく毎日楽しく仕事をしています。

 

 

第二新卒の採用にはメリット・デメリットがあることを理解する

第二新卒の転職にはメリット・デメリットがあることを理解する

榎木田 先生
第二新卒の採用にも必ずメリットデメリットがあります。
メリットばかりだと考えていました。
生徒の田中くん
榎木田 先生
要するに企業にとってメリットがある人だと思われなければいけません。

下の比較表を見てください。

 

第二新卒転職のメリット・デメリットを比較表で見てみよう

メリット デメリット
年齢 まだ若い またすぐ辞める可能性があるのではないか
コミュニケーション能力 必要最低限の社会人のマナーは備わっている 人間関係に問題があると思われる
将来性 やる気があれば後は何とかなる 仕事経験が少なく何事も未知数で不安が残る
榎木田 先生
比較すると、デメリットが際立ってる感じがします。

採用担当もここが一番気になっているのです。

確かに比較表で見ると、第二新卒の転職はデメリットの方が大きいように見えます。
生徒の田中くん
榎木田 先生
デメリットをなくすには誰かの知恵が必要になってきます。

そこで転職エージェントにチカラを貸してもらいましょう!

転職エージェントは今まで何万人もの人を転職させてきているのです。

デメリットをなくす模範解答は間違いなく持っているハズです。

転職エージェント恐るべし!
生徒の田中くん
榎木田 先生
転職エージェントは相談から、応募書類の添削や面接対応策まであなたの転職を内定までサポートしてくれます。

デメリットが際立たないようにするためにも、今すぐ転職エージェントに登録して、コンサルタントからアドバイスを受ける必要があります。

詳しい転職エージェントの情報を教えてください。
生徒の田中くん

推しの転職エージェント

 

 

まとめ

榎木田 先生
第二新卒の転職を成功させるには、あなたの努力が不可欠になるのは間違いありません。
確かに、仕事をしながら、まして精神的に不安定になってからの転職活動は非常に危険だと思いました。
生徒の田中くん
榎木田 先生
あなたの不安を解決するには今すぐ転職エージェントに登録することが問題解決につながると思います。

心にゆとりがある今、転職エージェントに登録すれば、焦って転職理由も考えなくてすみます。

もし困ってしまっても転職エージェントに相談すればいいのです。

成功させるためにも今が一番タイミングがいいときなのです。

何事も準備は早い方がいいですもんね。
生徒の田中くん
榎木田 先生
そうですね。

私は準備不足で面接が不採用になった方をたくさん見てきました。

みんな口を揃えたように、もっと早く準備しておけばよかったと後悔しています。

絶対に成功させたいです。
生徒の田中くん
榎木田 先生
成功させるには、精神的に余裕のある時だからこそ、今すぐ転職エージェントに登録しておけば準備不足で後悔することはなくなるでしょう。

登録することが転職が成功するための第一歩です。

 

-転職はじめてセミナー

Copyright© 20代スピリット!転職と就職成功への道 , 2020 All Rights Reserved.