既卒

既卒の就職は無理ではない!分かりやすい就活の方法!

2019年8月4日

既卒になってしまい、もう就職は無理なのではないかと不安を抱えていませんか?

実は既卒の就職は無理なんかではないのです!

榎木田 先生
今回の記事は「既卒の就職は無理ではない理由」を詳しく解説していきます。

既卒ならではの就職活動を学び、あなたの大切な時間を有効に使いましょう。

 

既卒の就職は無理ではなかった!分かりやすい就活の方法とは?

既卒の就職は無理ではなかった!分かりやすい就活の方法とは?<

就職支援サービスに登録

既卒に特化した転職エージェントに登録する!!

既卒の就職が無理ではない理由は、既卒に特化した転職エージェントという就職支援サービスが存在するからです。

既卒者を就職させるために存在している就職支援サービスなので、既卒者が就職出来ている証拠です。

転職エージェントは無料のサービスなので、登録をしておくだけでも損ではありません。

既卒になると

「就職は絶対に無理だ!」

とか

「人生終了!!」

なんて言葉をよく耳にします。

既卒の就職がうまくいかないのは、あなたの就職活動が間違っているからです。

独りで就職活動をしているとどこからも情報が手に入りませんね。

ネットの時代で情報収集も簡単ではありますが、転職エージェントは長年のノウハウを培っていて格段に違います。

もう独りで就職活動をする時代ではないのではないかと私は思っています。

あなたが知っておかなくてはいけないのは、なぜ既卒に特化した転職エージェントがあるのかということです。

そして、なぜ存在するのかという本質を知っておくべきなのです。

少し簡単に解説しますが、多くの企業が人材不足で悩んでいます。

人材不足を補うために注目を集めているのが、あなたのような既卒なのです。

企業側も転職エージェントに求人を出すことによって、適切な人材を確保することが出来るのです。

また、お互いのミスマッチをなくして若い世代に長く働いてもらいたいという企業側の願いも込められているのです。

転職エージェントに登録をしないと見られない求人もあるということです。

 

他社の10倍時間をかけて親身になってくれる!≫≫≫20代専門の就職サポート『ウズキャリ』はこちら!

 

 

既卒の就職が無理ではない理由とは?

既卒の就職が無理ではない理由とは?

就職は無理ではない!その理由

  • 既卒に特化した就職支援サービスの充実
  • 既卒は学歴や経歴ではなく、ポテンシャル重視
  • 新卒で入社した人が辞めてしまう
  • 基本的に人材不足の状況である

既卒に特化した就職支援サービスの充実

既卒に特化した転職エージェントが増えているとということは、既卒のあなたには需要があるということです。

既卒に特化した転職エージェントでは「社会人研修」や「ビジネスマナー研修」や「模擬面接」まである程度基礎を身につけられるサポートをしてくれます。

転職エージェントは基本的に企業の採用担当者と密に繋がっているので情報交換も早く、求人情報や面接状況などいち早く知ることができるのです。

要するに今まで独りで就職活動をしてたいあなたならお分かりでしょうが、求人を見つけてから、面接終了後の合否まで結構な時間待たされたことはありませんか?

転職エージェントが間に入ってくれることで、全てが短縮されます。

登録して求人を紹介してもらえれば、あなたは一度も企業側の採用担当者と接することなく面接まで望むことができるのです。

転職エージェントがあなたにしてくれるサービス

  • あなたを知るための面談
  • 面談をもとにあなたに合った求人の紹介
  • あなたが一番悩むであろう、転職理由の添削
  • 応募企業に合わせた応募書類の添削
  • 企業に合わせた模擬面接の実施
  • 面接のスケジュール調整
  • あなたが希望する条件面の交渉事

推しの転職エージェント

 

既卒は学歴や経歴ではなく、ポテンシャル重視

企業側もあなたが、社会人経験が全くなく、就職が決まらずに学校を卒業してしまっている事実は十分承知の上です。

そうなると既卒のあなたは何で勝負したらいいのでしょうか?

答えは簡単です!あなたのポテンシャルを伝えることができるのかどうかにかかってきます。

つまり「将来のあなたの可能性」を見せられることができるのかどうかです。

また、やる気や熱意を必死に伝えるというのも既卒のあなたにできることです。

「こんなの簡単だよ!」と思うかもしれませんが、いざ自分のポテンシャルを考えたり、やる気や熱意を伝えてみろと言われてもすぐには思いつきません。

今すぐにでもあなた自身を棚卸してあなたにできることや、やる気と熱意をまとめておくのが良いでしょう。

 

新卒で入社した人が辞めてしまう

既卒の就職が無理ではない理由の1つにはこのような背景があります。

新卒で入社した社員が、入社後1年から3年以内に辞めてしまう離職率が3割以上になってしまっているのです。

辞めてしまった新卒者の補充を考えて新卒枠を増やしても、新卒が入社可能な時期は学校の卒業を終えた4月になってしまいます。

すぐにでも補充したい企業からしてみれば、動きやすい既卒は貴重な存在なのです。

 

基本的に人材不足の状況である

大手企業でも人材不足と言われています。

企業からしてみれば、人材の確保を何よりも優先させたいのです。

特に若い世代の人材不足がどの企業でも深刻なのです。そこですぐに動きやすい既卒が注目を集めているのです。

企業からすれば、内定を出してすぐにでも入社してほしいとお願いした時に、すぐ働ける既卒者は貴重な人材なのです。

 

 

既卒から就職を成功させるには?

既卒から就職を成功させるには?

既卒の事実を反省として受け入れる

人それぞれ既卒になってしまった理由はあると思います。

「内定がもらえずそのまま学校を卒業してしまい既卒になってしまった人」

「健康面でどうしても就職が出来なかった人」

「将来やりたいことがあってどうしても就職をしたくなかった人」

など、理由はいろいろあると思います。

まずは既卒になってしまった事実を認めてあなた自身で受け入れましょう

反省をしないといけない人はしっかり既卒になってしまった理由を洗い出し反省をすることです。

病気やケガなどで、やむを得ない理由で既卒になってしまった人も、これからの就職活動に活かすために既卒の事実を受け入れましょう。

「学生時代に真剣に就職活動をしましたか?」

「企業研究をしっかりして企業がどんな仕事をしているのか調べましたか?」

「内定をもらうだけの就職活動をしていませんでしたか?」

少なくとも今挙げた反省をして既卒の就職活動につなげていきましょう。

 

自分に自信を持つ

既卒だからと言って、自信を無くす必要はありません!

まず考えて欲しいのは、面接までたどり着いたとします。

既卒と分かっていながらあなたに会ってみたと思われているわけです。

せっかく企業の面接までたどり着いたのに、あなたが自信なさそうに面接を受けていたらどうですか?

面接官はどう思うでしょうか?

「この人大丈夫かな?」

「履歴書のイメージと違う」

など不安を与えてしまいます。

あなたは堂々と自分に自信をもって面接にのぞめばいいのです。

例えば、最終面接に2人来ていたとします。

1人は

「自信満々でハキハキと受け答えをする人」

もう1人は

「自信がなさそうで何を言っているのか分からない人」

だとします。

あなたが面接官だったらどちらを採用しますか?

答えは簡単ですよね?

 

ネガティブな質問に対して面接官が納得できる返答をする

学生時代、就職活動にどれくらい時間をかけてきましたか?それとも就職活動はしなかったのですか?

反省を踏まえた回答例

学生時代に就職活動をしてきましたが、就職を甘く見ていた所があり、企業研究など全く行わずに手あたり次第求人を応募していただけでした。

自分の浅はかや弱さを企業に見破られたと考えています。

就職活動を甘く考えていたので、結局どの企業からも内定をもらうことが出来ませんでした。

学生時代の反省を活かし、就職活動に真剣に向き合い、社会人として恥ずかしくないように日々精進いていこうと考えております。

既卒の就職活動では、面接まで進むと必ずと言っていいほど「ネガティブ」な質問をされます。

「既卒になってしまった理由を教えてください」

「学生時代、就職活動にどれくらい時間をかけてきましたか?それとも就職活動はしなかったのですか?」

「今はいったい何をしているのですか?」

など非常に答えずらい質問を普通に聞いて来ます。

しかしこれはあなたを困らせるためにしている質問ではなく、あなたがどうして既卒になってしまったのかを純粋に聞きたいだけなのです。

またあなたの受け応えやウソをついていないかなども読み取られると考えます。

だから決してウソをついてはいけませんよ!

 

既卒者を新卒枠で採用する企業の求人を探す

厚生労働省によると、学校を卒業して3年以内の既卒者を新卒枠で求人の応募ができるようにと「青少年雇用機会確保指針」が改正されたのです。

こう言った企業の求人を見つけて応募を検討すれば、求人の幅も広がるのではないでしょうか?

新卒者の就職環境は依然として厳しく、また、平成22年3月卒の新卒者のうち未就職の者は約7万5千人(前年度比約3万1千人増)にのぼっており、いったん卒業すると新卒枠への応募機会が極めて限定されるため、既卒者の就職環境もますます厳しさを増しています。

このため、今般、雇用対策法に基づく「青少年の雇用機会の確保等に関して事業主が適切に対処するための指針」(※)を一部改正し、本日公布・施行しました(別添1)。今般の改正では、事業主は、学校等の新卒者の採用枠に学校等の卒業者が学校等の卒業後少なくとも3年間は応募できるようにすべきものとすること等を新たに盛り込みました(別添2)。

厚生労働省においては、本日、厚生労働大臣から主要経済団体に対して青少年の雇用の機会の確保等に関する要請書を送付し、卒業後3年以内の卒業者に対する新卒枠での応募の受付について更なる取組を要請したところです(別添3,4)。今後、全国の都道府県労働局及びハローワークにおいて、事業主の皆様へ本指針の改正について周知を行ってまいります。

※ 雇用対策法第7条において事業主の努力義務として、「青少年の雇用機会の確保」が定められています。事業主が具体的に取り組むべき事項を定めたものが「青少年の雇用機会の確保等に関して事業主が適切に対処するための指針」です。

引用:厚生労働省/3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

 

 

既卒が不利だと考えられる理由とは?

既卒が不利だと考えられる理由とは?

既卒が不利な理由とは?

  • 既卒に対してよくないイメージを持つ企業もある
  • 既卒になったことによりモチベーションが下がり行動していない

既卒に対してよくないイメージを持つ企業もある

既卒というだけで

「就職活動をしてこなかった人」

「うまくいかなかった人」

など、イメージ先行で悪い方向に考える企業もあります。

 

既卒になったことによりモチベーションが下がり行動していない

既卒になったことで、モチベーションが今までより下がってしまい、就職活動という行動さえしなくなってしまう人がいます。

行動しなくなってしまうと、何にも先に進まないので間違いなく不利になって行くばかりです。

 

 

面接や書類選考で既卒になってしまった理由をどう答えるか?

面接や書類選考で既卒になってしまった理由をどう答えるか?

絶対にウソをつかない

面接官は、既卒ということだけで何か問題のある人なのではと考えます。

しかし絶対にウソをつくのはやめましょう

すぐにバレます!!

正直にありのままを話す

既卒になってしまった理由があなたにとって良くないモノでも反省していることを踏まえて答えれば面接官は納得をしてくれます。

「既卒になってしまった理由はどうしてですか?」

の答え方は正直に伝えることが大切です。

学生時代就職活動をしていたが内定をもらえなかった人の例

学生時代就職活動をしていましたが、内定をもらうことが出来なく既卒になってしまいました。

大学卒業までにどこか一社でも内定をもらえれば、そこへ入社しようと考えておりました。

しかし、私のような何にも考えのない人材に内定を出していただける企業はありませんでした。

私には社会人になってやりたいことや、企業に入社して挑戦したいこと、将来の夢が全くと言いていいほど答えられませんでした。

自分の意見がない人材を企業が採用するはずがないと今になって分かり反省しております。私は全てにおいて準備不足だったのです。

社会人になる覚悟、就職活動に必要な企業研究や面接の準備、応募すれば簡単に内定をもらえると思っていました。

社会に出るということはそんなに甘くないということを痛感しております。

 

持病や健康面に不安があり就職活動をしなかった人の例

私には持病があり、病気のことを理解のある企業に入社したいと考えておりますがなかなか見つからずに卒業したため既卒になりました。

学生時代何社も面接を受け病気のことを伝えましたがどこからも内定をもらうことができませんでした。

ある時から病気のことは隠して面接を受けていましたが、担当医からは病気のことに理解のある企業に入った方が将来的にいいのではと勧められました。

担当医の先生からの提案もあり、仕事が見つからないことに焦りを感じておりますが、持病に理解があり病気と向き合える企業に出会えるまで考えを変えずに現在も就職活動をしています。

 

将来やりたいことがあって就職活動をしなかった人の例

私には将来やりたい○○があります。

やりたいことに挑戦していたため既卒にまりました。学生時代からその夢に向かってアルバイトでお金を貯めながら挑戦していました。

大学も卒業に近づくにつれ、就職か夢で悩んだ時に夢を選びました。

しかし、何の知識も人脈もないままの今の自分には何もできないとこが分かり、30歳まではがむしゃらに社会人として一般企業で働くという経験が必要だと考えました。

正直将来の○○の夢は諦めませんが、今私に必要なのは企業で働くことが将来夢を叶えるための近道です。

 

既卒になった理由を考えられなければプロに相談する

既卒になってしまった理由なんて人それぞれで、別に誰にでも話せる人もいれば、あまり他人に話したくない人もいるでしょう。

ましてや面接や書類選考ではポジティブなモノにしないと印象がよくないと言われてしまうともう何をしたらいいのか分からなくなりますよね?

そこで、既卒になってしまった理由でお困り方にオススメなのがプロに相談することです!

転職エージェントはあなたのように既卒になってしまった理由を考えるにお困りの方必見のサービスです!!

転職エージェントは就職活動のプロなので、多くの既卒者の添削をしています。

企業が質問してくる内容もある程度把握していて、どうやって答えれば面接官に印象を持たれるのか分かっています。

他人にチカラを借りるなんて、卑怯と思う方もいらっしゃるとは思います。

しかし転職エージェントでの就職活動が当たり前になっている今、転職エージェントを通して活動を行う方が企業も採用しやすい状況になっています。

 

 

既卒の就職が無理と思う前に考えたい既卒の意味!

既卒の就職が無理と思う前に考えたい既卒の意味!

今更なんですけどぉ~
生徒の田中くん
榎木田 先生
どうしたの?
既卒」って言葉何気なく聞いていたのですが、対象はどんな人が言われるのですか?
生徒の田中くん
榎木田 先生
確かに私も当たり前のように言っていたけど、説明しないと分からない人も多いですよね?
すみません!

教えてください。

生徒の田中くん
榎木田 先生
わかりました!

詳しくは»第二新卒ってなに?実は採用ニーズが多く企業は積極的に狙っていた!をご覧ください。

第二新卒と既卒の違いを詳しく説明しております。

 

 

既卒の就職が無理ではないがメリットとデメリットを知っておこう

既卒の就職が無理ではないがメリットとデメリットを知っておこう

既卒が就職するメリットとデメリット

メリット デメリット
既卒の就職 経済的に安定できる 賃金が低い所からのスタートになる
世間体を気にしなくていい 求人が限られて仕事が選べない可能性がある
あなたの頑張り次第では会社の救世主になれる 自由な時間がなくなる

既卒のままのメリットとデメリット

メリット デメリット
既卒のまま 自由な時間が持てる 将来が不安になる
ストレスなく生活できる 働かないとお金が入って来ない
好きなことをしていられる 精神的にも不安定になって来る

 

まとめ

今回のポイント

  • 既卒の就職は無理じゃない理由は就職支援サービスを利用すること
  • 既卒の就職は間違った就活をしなければ無理ではない
  • 既卒の就活を成功させるには反省することが必要
  • 既卒に対して良くないイメージを持つ企業もある
  • 既卒になってしまった理由の答え方がある
  • 既卒の就職メリットとデメリットを公開します
榎木田 先生
既卒の就職が無理ではない理由納得いただけましたか?
既卒になってしまってモチベーションが下がるのも分かりますが、既卒に特化した転職エージェントを利用して有効な時間を使い就職活動をして行くべきだと思いました。
生徒の田中くん
榎木田 先生
既卒になってしまうと、どうしても独りで就職活動をしなくてはいけない状況に追いやられます。

しかし転職エージェントに登録すればコンサルタントがあなたに親身になってサポートをしてくるのです。

やはり独りの就活は不安しかないですもんね!
生徒の田中くん
榎木田 先生
誰かに相談するということは精神的にも必要になってきます。
既卒になり、すでに精神的にもやられてしまっている状況ですもんね!
生徒の田中くん
榎木田 先生
誰がの助言と言うのは精神的に辛い時に役に立ちます。

また冷静な判断ができない時に助かります。

無料で受けられるサービスですので、登録をしておくだけでもあなたの役に立つのは間違いがありませんね!

-既卒

Copyright© 20代スピリット!転職と就職成功への道 , 2020 All Rights Reserved.