フリーター

フリーターはいつまで許される?正社員としての限界とは。

2019年6月15日

フリーターをいつまで続けられるのか実は不安で仕方ない方ってとても多いように感じます!

今はやりたいことがあるので、夢に向かって突き進んでいける。

しかし、心のどこかに必ず「このままフリーターを続けていいのだろうか?」という見えない恐怖が潜んでいるハズです。

更にフリーターからの就職の仕方が全く分からない方も多いでしょう。

 

榎木田 先生
この記事をご覧いただければ、あなたが決断に困っている

「フリーターをいつまで続けられるのか?」

の答えをあなたは出すことができるでしょう。

また、時間の無駄をなくすためにフリーターにおすすめする就職支援サービスがあるのでお楽しみに!

 

今まであなたが知らなかった情報が盛りだくさんで、フリーターのあなたでも十分に就職ができると思えるでしょう。

この記事を読み終わった頃には、あなたの心は整理され新しい道へのスタートをきっていることを期待します。

 

フリーターはいつまで許されます?正社員になれる限界とは?

フリーターはいつまで許されます?正社員になれる限界とは?

フリーターをいつまで続けられるのか?

一般的に考えて20代後半まではフリーターを続けてもまだどうにかなる!

フリーターとして働いている人は、自分から望んでフリーターをしている人。

望んでいないけど色々理由があって仕方なくフリーターをしている人がいると思います。

どちらの理由にせよ、いずれは今の状況を卒業しなくてはいけない時がやってきます。

ましてあなたが今後、正社員を目指しているのであればなおさら焦った方が良いと言えます。

フリーターのあなたが正社員になれる確率が低くなるのって、あなたがのんびりしている間にも刻々とカウントダウンが始まっているのですよ!

まずあなたは「フリーターの方が楽ができる」のも「それなりにお金も稼げる」のもあなたが若いから可能なのだとういうことを知っておきましょう。

 

フリーターとしていられるのが世間一般的に許される年齢はあるのか?

フリーターとして許されるのは、20代までと一般的には考えられています。

30代を超えてくると徐々にではありますが、正社員になるのは難しくなってきます。

もし40代になったとしたらどうでしょうか?

正社員になれるのは、ほんの一握りの人だということをあなたは決して忘れてはいけません。

裏付ける根拠はあるのかと言いますと、答えは簡単です!

もしあなたが企業側の面接官だとしたらどう思うかを考えれば、ほとんどの人が同じ考え方になると思います。

あなたが面接官だとして、正社員希望者が40代だった場合、あなたは即採用しますか?

答えはノーではないですか?

相当今までの実績やマネジメント能力が備わった人材でないと採用は見送りませんか?

次に30代で考えて下さい。

40代に比べれば、30代の方が採用はしやすくなるとは思いますが、全くの社会人経験がない30代だとこれまた微妙な感じになりますよね?

フリーターが正社員になるには、フリーター時代の実績が十分で、正社員として迎え入れた時に会社の利益につながる人でないと難しいと思っておいてください。

 

フリーターをいつまでも続けたいが、正社員を考えなくてはいけない時が来る

また、フリーターとして十分な実績も収入もあって、正社員になる必要なんかない人、こんな人も中にはいるでしょう。

しかし、こんなフリーターで順風満帆な生活が出来る人でも、いざ結婚子供が出来たとなった時に、今のままフリーターとして生活していくのは正直難しいと思った方がいいでしょう。

結婚はあなただけのモノではなく、相手のご家族があって成り立っています。

相手のことを考えると、フリーターの人と結婚というのはすんなりと認めてもらえないのが事実ではないでしょうか。

またもし子供を授かったらどうでしょうか?

家族を養うのに、安定した生活が送れるのか不安になると思います。

フリーターと言っても色々なパターンがあって、すぐにでも正社員になりたい人もいれば、フリーターでも十分に暮らしていける人もいます。

あなたは、もしもこのような状況になった時を考え正しい判断をしないといけない時がきっと来るので、今からしっかり考えておきましょう。

 

フリーターでも失敗なく正社員に近づく方法とは?

フリーターでも失敗なく正社員への成功率をあげる方法があります。

それは何かと言うと、転職エージェントを利用することです。

近年、転職エージェントが増えてきた理由として考えられるのは、もう独りで就職活動をする時代ではなくなったということが挙げられます。

今までの就職活動ではどうしても応募者と企業側のミスマッチが起こってしまい、入社してもすぐに退職してしまう人が多かったからです。

転職エージェントは就職のプロです。

つまり企業側と密につながっているのです。

企業側の内情をしった転職エージェントはあなたと企業の間に入って、すべて面倒を見てくれるのです。

面談の後にあなたに合った企業を紹介してくれますし、面接のスケジュール調整から、条件等の確認まで、あなたが今までできなかったことをすべて転職エージェントが請け負ってくれるのです。

嬉しいことに無料で利用できますので、フリーターで少しでも正社員を考えているあなたは、迷わず登録だけでもしておくべきなのです。

登録して、転職エージェントに相談するだけでも、今までと全く違う世界が広がるかもしれません。

 

未経験OK!既卒・第二新卒・フリーター・派遣・ニートの方に優良な正社員の仕事をご紹介≫≫≫DYM就職はこちら

 

フリーターと正社員のメリット・デメリットを比較!いつまでどちらの道を選ぶか考えよう

フリーターと正社員のメリット・デメリットを比較!いつまでどちらの道を選ぶか考えよう

メリット デメリット
フリーター 好きな仕事ができる スキルが身につかない
責任を負う仕事をしなくていい 常に不安定な生活
ストレスなく生活できる 収入が低い
自由に休める 体力が落ちて仕事ができなくなる
入社も退職も自分次第でOK 社会的な信用を得られない
残業がほぼない 老後の心配
正社員 収入が安定している 責任を求められ、自由もない
ボーナスがある 拘束時間が長い
スキルを高められる 休暇を取りずらい
社会保障がしっかりしている 簡単に退職できない
結婚子育てを心配しないで済む 転勤があって家族とバラバラになる可能性がある

フリーターと正社員のメリットとデメリットを比較してみました。どちらも同じような感じもしますが、よく見て考えると、全く違うことは歴然ですね。

 

フリーターのメリット

フリーターのメリットは、とにかく自由であるということです。

自分の好きな時間に働いて、休みたい時に休めます。

稼ぎた行ければ、ダブルワークでガッツリ働くことも可能です。

また、正社員のように責任のある仕事をしなくてよいので、精神的にもとても楽ができます。

アルバイトであれば、入社も辞めるのもそれ程難しくありません。

逆に考えると、自分の好きな仕事をアルバイトとして選んでしまえば、あなたは楽しくて仕方がないでしょう。

もし正社員を考えた時も、興味のある仕事をアルバイトで経験していれば、求人に応募してもミスマッチが少なくて済みますよね。

 

フリーターのデメリット

フリーターのデメリットは、スキルが身につかないことにあります。

アルバイトは殆ど単純作業が続きますので、職歴としてのアピールポイントとしてはかなり弱いと考えられます。

また収入が不安なので、年収も低く、もしも病気やケガで働けなくなってしまったら、収入はなくなってしまう恐れがあります。

最大のデメリットは社会的信用が非常に低いということです。

よく言われているのが、家や車など高い買い物をする時に誰もがローンを組むと思うのですが、アルバイトやフリーターだと審査に落ちてしまうことが多いようです。

 

正社員のメリット

正社員のメリットはあなたのスキルが上がることです。

資格取得や研修などあなたのスキルアップを後押ししてくる企業も存在します。

また固定給で給与がもらえて、雇用形態も期間の定めがない企業が多いため、余程のことがない限り定年まで働くことが可能です。

正社員であれば、ボーナスも支給されるので、給与とは別にご褒美がもらえますね。

他には、正社員の強みとして、仕事で知り合いになった人脈を通じて交流を深めて行けば、気の合う仲間同士で独立や企業も夢ではなくなります。

もしあなたが結婚や子供が出来たとしても、安心して家族を養っていける決心が出来ます。

 

正社員のデメリット

正社員のデメリットは、全てにおいて責任がついてくるということです。アルバイトやパートに比べても仕事の量も桁違いです。

会社の拘束時間も長く、精神的に疲れやストレスがたまり体を壊す危険があります。

体を壊しても長期休暇も取りづらく、徐々に追い込まれてくるのです。

自由なことが出来ないのに、出張や転勤などといった家族に負担をかけてしまうこともあるのです。

 

 

フリーターの将来を考え、いつまで就職すればいいのか考えよう!

フリーターの将来を考え、いつまで就職すればいいのか考えよう!

あなたの年齢が上がると就職が厳しくなる理由

あなたが特に生活に問題なくフリータとして生活していたとしてもいずれ就職しなくてはいけない時が来る可能性はあります。

1ミリでもフリーターを卒業して就職する可能性があるのであれば、就職活動は早い方がいいです。

ある程度、年齢が上がってから就職活動をすると、あなたに相当の魅力やチカラがないと企業は積極的にあなたを採用をしないのです。

例えば30代で「社会人経験はほとんどありません」という人に企業は簡単に内定を出すでしょうか?

40代でフリーランスとして暮らしていますという人に企業はどういう判断を下すのかわかりますか?

答えは厳しいモノになるでしょう。

もしも、ある程度年齢を重ね就職を目指すのであれば、フリーランスとしての実績やあなたを採用するとどんなメリットがあるのかハッキリさせておくことが必要です。

 

いずれは夢が叶う可能性も考えられる

あなたはやりたいことがある為に、フリーターなのだと思います。

続けれいればいつかは成功したり、うまくいったりする確率も捨てがたいですよね。

もし夢が叶えば、就職なんてしなくても生活に困ることなく過ごせるハズなのですから。

あなたは自分の夢を追って、フリーターを続けるという選択肢を選んでもいいのです。

将来を考えて、悩んで、あえてフリーターの道を突き進むのも良いでしょう。

 

結婚を考えた時に一歩を踏み切れない

もしあなたが結婚を考えた時に、自分が就職をしていないことを悲観してしまい幸せになれるチャンスを逃してしまう可能性があります。

それと同時に、就職が決まってから結婚をすればいいやと考えている人も中にはいるでしょう。

しかし、どちらにしろ急に就職が決まる訳ではないので、準備をしておく必要があるのです。

もしあなたに大切なパートナーがいて人生を一緒に歩んで行こうと考えているのであれば、就職はマストではないでしょうか。

あなたはやりたいことがあってフリーターの道を選んでいるかも知れませんが、どちらかを選ばなければいけない時がくるかもしれません。

結婚を考えている方は、どうか早い時期に転職エージェントに登録しておくことをオススメします。

 

未経験OK!既卒・第二新卒・フリーター・派遣・ニートの方に優良な正社員の仕事をご紹介≫≫≫DYM就職はこちら

 

 

なぜいつまでもフリーターが存在するのか?

なぜいつまでもフリーターが存在するのか?

フリーターはどの世代でもなぜ存在するのか?

フリーターって現状多いのでしょうか?
生徒の田中くん
榎木田 先生
実際の所、フリーターはどの世代でもいるのが現状です。
30代のフリーターってどういう人が考えられますか?
生徒の田中くん
榎木田 先生
30代のフリーターは20代の時に夢を叶えるために頑張っている人たちが、そのまま夢を追い続けて歳を重ねていると考えられます。
40代になるとどうでしょうか?
生徒の田中くん
榎木田 先生
40代のフリーターの人は、現実的に考えた時に、やばいと思うようになり40代になってから就職活動を始めるが、年齢がネックになってなかなか就職が決まらずに、現状のままフリーターを続けることになっている人たちです。
厳しい現実ですね。
生徒の田中くん
榎木田 先生
年齢が若ければ、フリーターでも何とかなりますし大丈夫ではありますが、私がオススメするのは20代のうちに正社員として就職を決めてしまうのが本当に楽です。

 

 

今20代のフリーターだったらいつまでと言わずに今すぐに正社員に!

今20代のフリーターだったらいつまでと言わずに今すぐに正社員に!

社会人としての経験を積んでおくべき

年齢が若いうちに正社員として社会人経験を積んでおくのも良いでしょう。

社会人経験があるのとないのとでは、採用側からすると大きな差だと思います。

もし、社会人の経験をしてみて、やはり自分はフリーターとしてやりたいことを貫き通すという考えならどういう結果になっても納得ができるでしょう。

あなたは一刻も早く、社会人経験をしてしまって正社員の道を選ぶのか、フリーターの道を選ぶのか決めるべきなのです。

 

もし就職を決めているならすぐにでも行動を!

今はフリーターとして好きなことをやって暮らしているが、いずれは就職をすると決めている人がいます。

だったら、いずれ動けばなんて言っている場合ではありません。

行動は今すぐです!!

でないと時間の無駄遣いです。

就職はそう簡単にすぐに決まるのもではないのです。

なんだかんだ言って、3ヵ月や半年なんて当たり前です。

もしいずれ就職活動をするのであれば、もう転職エージェントに登録してしまいましょう。

あなたがフリーターとして好きなことをやっている間に、転職エージェントがあなたに合った企業を探してくれます

その代わり、転職エージェントに登録したら必ず、転職エージェントと面談を行ってくださいね。あなたの全てをお話ししましょう。

もしかしたら、あなたがやりたいことを正社員としてできるかもしれません。

推しの転職エージェント

 

フリーターは年齢の差で就職のしやすさも変化してくる

フリーターは年齢の差で就職のしやすさも変化してくる

年齢によって成長の差が違う

これは仕方のないことですが、年齢の差で成長の差も変わって来ます。

成長の差という所では、成長が期待できるのはやはり20代までです。20代の成長は驚かさるものがあるのです。

30代・40代になると成長という部分では間違いなく20代には敵いません。

もし、社会人経験が全くなく、夢を追いかけているという同じ条件の20代と30代で比較した時、採用企業はどちらのフリーターを選ぶでしょうか?間違いなく成長が期待できる20代ではないでしょうか。

 

職場環境への柔軟な対応力に差が出る

環境への馴染みやすさも変わって来ます。20代は柔軟な対応力を発揮します。

20代に比べ、30代や40代になると自分のスタイルがある程度確立してしまうので、柔軟性という部分で明らかに差が出ます。

フリーターとして生活をしてきた人には社会人ルールの中で柔軟な対応は相当苦痛になるはずです。自分のペースでは仕事が出来なくなりますので。

 

まとめ

今回のポイント

  • フリーターを続けられるのは20代後半まで
  • フリーターであるならば、転職エージェントを活用した方が楽に就職活動が行える
  • フリーターと正社員のメリット・デメリットはぞれぞれある
  • 今現在20代のフリーターならば、すぐにでも正社員になっておくべき
フリーターとしていられる年齢って実は短いのですね!
生徒の田中くん
榎木田 先生
人生には色々な想定外なことって必ず起こります。

簡単な例えだと、結婚の予定は全く考えていなかったのに、大切なパートナーができて結婚することになったとか。

そうなった時にフリーターであることは、どうなのか考えなければいけませんね。

自分の中で、少しでも就職した方がいいのでは1ミリでも考えているのであれば、行動早い方がいいってことですよね?
生徒の田中くん
榎木田 先生
その通りです!

なにがあるか分からないですからね。

要するに、いつでも就職活動がスムーズにできる体制を整えておくことが一番大切なのです。

私が思うに、フリーターをして自由に過ごしている時でも、転職エージェントには登録をしておくのがベスト。

そして選任のコンサルタントとは常に連絡を取り合い、自分に合った案件はないのか確認を取っておくのが一番よい方法です。

なるほど!!

常にアンテナを張った状態にできますから、それだったら今すぐにでも登録しても無駄ではないですもんね。

生徒の田中くん
榎木田 先生
登録したから、就職活動をしなくてはいけないという固い考えではなく、まずは登録をしておく。

そして今後自分に合ったいい条件の企業が見つかれば正社員として挑戦するという考え方でいいと私は思っています。

確か登録は無料でしたよね?
生徒の田中くん
榎木田 先生
登録も利用も無料ですので、フリーターの人は今すぐにでも登録をおすすめします。

思い立ったら行動は早い方がいいでしょう。

私も第二新卒として頑張らなくてはいけないと改めて思いました。
生徒の田中くん
榎木田 先生
フリーターでまだ余裕のあるうちに転職エージェントにだけでも登録をしておきましょう。

-フリーター

Copyright© 20代スピリット!転職と就職成功への道 , 2020 All Rights Reserved.