第二新卒

第二新卒の不利な状況を一気に解決する方法!

2019年4月19日

生徒の田中くん
先生!!第二新卒って不利なんですか?
正直、難しい質問です!

一概に不利だとは言い切れないところもあるので。

第二新卒でも大まかな分けると3パターンあると思います。

①将来やりたいことがある人

②何となく転職した人

③前職で色々あって転職した人

第二新卒の転職が不利になるかどうかは、間違った転職活動をしなければクリアできる問題なのです!!

榎木田 先生
生徒の田中くん
間違った転職活動って何でしょうか?
問題なのは、②番と③番の人の転職活動の方法です。
榎木田 先生
生徒の田中くん
要するに、目標を持って転職に踏み切らなかった人達は間違った転職活動をしてしまう恐れがあるということですか?
そうですね!

②番と③番の理由をそのまま面接で伝えた所で、不採用の確率は非常に高いと思われます。

榎木田 先生
生徒の田中くん
第二新卒が不利にならないために、詳しく解説してほしいのですが!
わかりました!!

第二新卒が不利と言われる状況をまとめて、間違った転職活動を防ぐ方法を詳しく解説していきますね。

榎木田 先生
生徒の田中くん
よろしくお願いします。

 

 

第二新卒の不利な状況とは?

第二新卒の不利な状況とは?

第二新卒の不利な状況とは?

  • 第二新卒は社会人経験やスキルが少ないから不安だ
  • 第二新卒はアピールできるポイントがない
  • 第二新卒は新卒に比べてしまうと求人数が少ない
  • 第二新卒は採用担当者にまた辞めると思われている
  • 第二新卒は前職の退職理由が言い訳に聞こえてしまう
  • 第二新卒は将来の目標を持てないまま転職活動に望んでいる

第二新卒は社会人経験やスキルが少ないから不安だ

第二新卒が不利と言われてしまう理由は、社会人経験が圧倒的に少ないということです。

しかし、企業側も承知の上で求人を募集しています!

あなたは前職で「何」を行ってきたのかを具体的に話すことが大切です!

また、あなたが今まで身につけてきた「スキル」は何ですか?

今のうちに、あなた自身を分析してみる必要がありますね。

面接まで行くと必ずと言いていいほど聞かれる内容になって来るので、まとめておくのが良いでしょう。

 

第二新卒はアピールできるポイントがない

第二新卒は履歴書や職務経歴書といった書類になった時のアピールポイントが手薄になってしまいます。

空欄が出来てしまって、あることないこと書いてしまいそうな状況に追い込まれそうですが、絶対にウソを書いてはいけません。

アピールポイントが少ないのは事実として、あなたがやらなければならないのは「自分はこういう人なんだ」と訴えることなのです。

社会人経験としてのアピールポイントが少ないが

「将来に向けて勉強をしている」とか、

「毎日ビジネス書を読んでいる」など伝え、採用担当者に将来に向けて努力する人なんだと思わせることが大事になってきます。

基本的には具体的に伝えるのが説得力があるでしょう!!

 

第二新卒は新卒に比べてしまうと求人数が少ない

第二新卒は新卒に比べてしまうと、求人の数が圧倒的に少ないと思われます。

第二新卒はライバルがとても多く、応募者も重なるので不利だと考えられています。

しかし、最近は「人材不足」がどの企業でも深刻な悩みの種なのです。

そのため転職市場のアンテナを張っていないと転職活動の日々状況も変化しています。

転職市場を把握して常に転職の動向を見極めることが必要になってきます。

 

第二新卒は採用担当者にまた辞めると思われている

第二新卒者は、新卒で入社して3年以内で会社を辞めてしまっています。

そのため、採用担当者は「またすぐに辞めないかどうか」の判断を下しているのです。

まずは「この人は辞めない人だ」と思わせることが大切になってきます。

例えば、新卒時の就活で企業研究を怠ったことから企業とのミスマッチが生まれてしまった事実を認めるのも良いでしょう。

新卒時の就活の反省を活かしてしっかり将来のビジョンを持った転職活動であることを伝えましょう。

また「やりたいことが見つかった」

「自分が成長するのはどうしても御社でないとダメなんです」など、あなたのやる気を具体的に伝えることも大切です。

 

第二新卒は前職の退職理由が言い訳に聞こえてしまう

退職理由は人それぞれです。

しかし、あなたがちゃんと退職理由をまとめておかないと

「人間関係」

「労働環境」

「福利厚生」

「給与」

などの不満があったから辞めましたと捉えられてしまうのです。

採用担当者はネガティブで言い訳にしか聞こえない退職理由を話しても

「大変でしたね?」

「辛かったでしょ?」なんて思ってくれません。

むしろ、採用担当者が待ってましたとばかりに即不採用が決まってしまいます。

あなたが退職理由に選ばないといけないのは、常にポジティブな考え方です。

 

第二新卒は将来の目標を持てないまま転職活動に望んでいる

前職がとても辛くて、精神的に追い込まれてしまっていても、感情を表にだすのは第二新卒の転職中は控えましょう。

面接まで進んだとしても、あなたが疲れていたり、ダルそうだったら、採用担当者はあなたを採用したくなるでしょうか?

答えはノーです!

第二新卒の転職活動であなたのネガティブな考えを心配してくれる企業の採用担当者はいません。

企業の採用担当者はやる気があって、一緒に働きたいと思う人材を探しているのです。

 

第二新卒の不利な状況を解決するには書類選考なしの≫≫≫就職Shop

 

 

第二新卒の不利な状況を一気に解決する方法!

第二新卒の不利な状況を一気に解決する方法!

プロのご意見はいかが?

転職エージェントに登録をして第二新卒が不利の状況を解決するのが得策!!

転職エージェントおすすめの理由

  • 独りの転職活動より、情報量が圧倒的にありライバルに差をつけられる
  • 非公開求人やあなたに合った求人情報を紹介してくれる
  • あなたが希望する福利厚生や給与など、あなたに代わって交渉してくれる
  • 応募企業には転職エージェントがあなたを推してくれる
  • 面接でどのような質問や回答をすればいいのか教えてくれる

 

独りの転職活動より、情報量が圧倒的にありライバルに差をつけられる

転職エージェントに登録すれば、転職市場の情報量で間違いなくライバルに差をつけることができます。

なぜライバルと差がつけられるのか言うと、転職エージェントと企業の採用担当者は情報交換を頻繁に行い、常日頃から情報を共有しています。

企業側から「こんな人材を探している」と依頼があれば、転職エージェントは希望の人材を探します。

希望の人材が見つかれば、転職エージェントは企業に推薦します。

最近よく見る転職エージェントに書類選考なしで面接に行ける理由というのは、転職エージェントと企業の採用担当者が密に連携しているからなのです。

 

非公開求人やあなたにピッタリの求人情報を紹介してくれる

転職エージェントをおすすめする理由の1つは、非公開求人があることです。

非公開求人は一般の求人情報には掲載されていません。

転職エージェントに登録した人だけが出会える求人なのです。

また、あなたとの面談にて、あなたにピッタリの求人があった場合は、求人の紹介も行っています。

転職エージェントに登録することで、今まであなたが知らなかった職種の仕事に出会えたり、天職を見つけられる可能性もあります。

転職エージェントは

「登録」

「サポート」ともに無料なので金銭面でも大変便利です。

 

あなたが希望する福利厚生や給与など、あなたに代わって交渉してくれる

転職活動をしていて、面接まで進むとどうしても気になるのが、福利厚生労働条件給与のことだと思います。

あなたにとって条件を確認するのは結構大切なハズです。

なぜなら、もう転職で失敗したくないからです。

しかし、いざ面接になった時に面接の場で、福利厚生や給与などを聞くと面接官からのイメージが良くないと言われています。

企業とのミスマッチを無くすために情報を確認したいのに、大切な条件を聞きずらいのは納得いきませんよね?

そこで、転職エージェントの出番です!

あなたか気になっている諸々の条件をあなたに代わって転職エージェントに交渉してもらいましょう。

転職エージェントはここまでしてくれます!

また面接の日程まで調整をしてくれます。

あなたが企業の採用担当者とやり取りする必要はないのです。

 

応募したい企業があれば転職エージェントがあなたを推してくれる

転職エージェントが面談の中からあなたに合った求人を紹介してくれます。

あなたが紹介された企業に興味があって応募を考えた時は、転職エージェントはあなたを推してくれます。

やはり、転職エージェントと企業にはパイプがあるので、双方で話が早く進みあなたを企業に推してくれるのです。

 

面接でどのような質問や回答をすればいいのか教えてくれる

転職エージェントは転職のプロです。

過去の面接での質問内容回答例を熟知しています。

今までの情報を基に面接で聞かれる内容の傾向と対策はデータとして持ち合わせていると考えて良いでしょう。

そうです!

これまで何千、何万の人の転職を成功に導いている転職エージェントです。

利用者から面接で聞かれた内容を把握していない訳がありません。

常にどのような質問をされたかアップデートしているでしょう。

時代も替われば質問も変わってきます!

遅れを取らないためにも転職エージェントに登録することをオススメします。

転職エージェントをもう少し詳しく知りたい方は»20代におすすめの転職エージェント選りすぐり14選!使うべき理由をご覧ください。

推しの転職エージェント

 

 

第二新卒が不利と言われないために抑えておきたい3つのステップ

第二新卒が不利と言われないために抑えておきたい3つのステップ

第二新卒が不利とは言わせない!

  • 新卒と比べると研修コストがかからずに即戦力として働けることをアピールする
  • 社会人としての経験が少ないので変な癖もなく、若くて柔軟性があり採用しやすい
  • 企業は人手不足に悩んでいて、第二新卒を積極的に採用中!

 

新卒と比べると研修コストがかからずに即戦力として働けることをアピールする

一般的に、新卒には研修期間を設けます。

研修期間は新卒者を長い目で見た時に、将来会社を背負って行く人材に育てないといけないため、とても大切です。

また、研修を行うために外部から講師を呼んだりすることもあるので、研修コストはとてもかかります。

しかし、第二新卒は社会人のスキルを既に身につけているので、研修コストを省くことができます。

企業にとっては、育てるための時間を作らなくていいというのはとても魅力的です。

そして第二新卒は若くて飲み込みも早く、即戦力として働けるのであなたは企業にどんどんアピールしていきましょう。

 

社会人としての経験が少ないので変な癖もなく、若くて柔軟性があり採用しやすい

社会人経験が少ないので、まだ変な色に染まっていないのが企業からみれば魅力的です。

ある程度、社会人経験があると、自分の仕事のやり方が決まってきてしまい、なかなか新しい会社に行っても素直に受け入れられなくなってくるからです。

また、第二新卒は若くて柔軟性があります。

会社にも早く慣れて、吸収も早いので企業からすると採用をしやすいのです。

 

企業は人手不足に悩んでいて、第二新卒を積極的に採用中!

第二新卒にとって今は転職活動がしやすい状況が続いています。

理由は企業は人材確保に必死だからです。

今までは中小企業の人手不足が問題となっていましたが、最近では大手企業も人手不足になっているのです。

これまでに第二新卒の採用をしてこなかった大手の企業であっても、第二新卒を即戦力として迎え入れなければ大変厳しい状況なのです。

転職市場をよく把握しておくためにも、転職エージェントに登録して転職のプロからアドバイスを貰って正しい転職活動を行いましょう。

 

 

「Q&A」第二新卒は不利なのか??

第二新卒は不利なのか??

.Q1

新卒で入社して3年未満で職場を辞めてしまうと、転職活動が不利になると聞いたのですが、実際はどうなのでしょうか?

S.Aさん(25歳女性)

榎木田 先生

第二新卒の転職だから不利になるということは、まずないと考えられます。

要するに、転職市場での第二新卒の需要を知っていて、退職理由が採用担当者を納得させられなければ内定はもらえないと知っている人は不利になりにくいということです。

まず、第二新卒者の需要ですが、最近は少子化や超高齢化社会になって来ていて、そもそも人材不足なのです。

働き盛りの団塊の世代は多くの人が定年を向かえて人員が少なくなっているのに、若手の新人が入社してこないといった状況になっているのです。

第二新卒のあなたは、人員不足の企業を狙って転職活動をしていけば、採用の確率は高くなります。また、あなたの前職の退職理由も大切になってきます。

「人間関係が嫌になった」「労働条件が良くなかった」など、入社してもすぐに辞めてしまいそうな退職理由では、企業の採用担当者を納得させられません。

あなたに必要なのは「どうして応募した企業で働きたいのか?」「将来何をしたいのか?」「これからどうしていきたいのか?」と言ったあなた自身の考えをしっかり具体的にアピールすることです。

そうすれば、あなたを評価してくれる企業は必ずあります。とにかく、自分をきちんと見つめ直してみましょう。

 

.Q2

私は今27歳です。年齢的に第二新卒として応募するのは難しいのでしょうか?

M.Eさん(27歳男性)

榎木田 先生

実は第二新卒に明確な年齢制限は設けられていません。しかし、一般的に、高校・専門・大学・大学院を卒業してから入社した会社を3年以内で辞めてしまった人を第二新卒と呼んでいます。

あなたは27歳なので3年以内で辞めていない可能性がありますが、企業によっては応募条件に第二新卒という枠を設けないで募集を行っている所もあります。

そんなあなたにオススメするのが、転職エージェントに登録することです。

最近の転職エージェントは20代の転職に特化した転職エージェントがとても多いのです。第二新卒の他にも「既卒」や「フリーター」にも強いので、年齢でお困りあなたにはピッタリのサービスです。

あなたは、第二新卒での転職ができるのかを心配する前に、これまでの経験をもう一度まとめて見ることの方が大切です。

あなたの強みはなんでしょうか?まとまった強みや、将来の夢を転職エージェントに相談して見てください。

きっと素晴らしいアドバイスしてくれて、あなたの転職を手厚いサポートで成功へ導いてくれます。

 

.Q3

入社3年未満で退職を考えています。企業の採用担当者の印象はどうなのでしょうか?

A.Kさん(24歳女性)

榎木田 先生

ハッキリ言って、印象が良いとは言えませんが、今は以前に比べ考えが変化しています。

昔から何をするにも3年は続けなきゃいけないと言う、世間一般的に考えられている謎の物差しが存在します。

もしかしたら、採用担当者も3年以上働いているのかを重視している可能性もあります。

しかし、最近は人材不足により企業も以前に比べると3年未満だから不採用にする企業は少なくなっていると考えます。

逆に今は、第二新卒になるあなたのような少しでも社会人としての経験やスキルを身につけている人の方が需要があるのです。

信じられないかもしれませんが事実、企業は人材不足で頭を悩ませているのです。

 

 

第二新卒のメリットとデメリットを知って転職活動を進めよう

第二新卒のメリットとデメリットを知って転職活動を進めよう

第二新卒で転職するメリット

人間関係や労働環境が変わるので、新しい気持ちで望める

人間関係や労働環境が問題で悩んでいる人であれば、職場の環境を変えて新たな気持ちで仕事に望むことが可能です。

転職することで、あなたが困っていることや悩んでいることが解決できるのであれば、今後のことを考えるとメリットになること間違いなしです!

 

あなたが本当にやりたいことがあるのであればスキルアップが望める

第二新卒の転職活動中というは、あなたは本当にやりたいことが見つかって、今までとは別の職業に挑戦する人もいれば、将来の目標ができて、目標をつかみ取るため新たな職場で働きたいという方もいるでしょう。

あなたが本当にやりたいことに挑戦するのであれば、今から学ぶことはすべてスキルアップに繋がります。

 

福利厚生や給与アップが望める

特に転職エージェントに登録していれば、福利厚生や給与アップの交渉などあなたに代わって行ってくれるので、希望通りの条件や給与アップが望める可能性があります。

失敗は避けたい第二新卒の転職で、面接等で聞きずらい条件交渉を転職エージェントが行ってくれるのは心強く、ミスマッチも考えずらいので、あなたにとっても企業にとってもメリットになります。

 

第二新卒で転職するデメリット

今まで築いてきた信頼関係や人脈がリセットされてしまう

少なからず、今まで築いてきた人脈は正直言ってあなたのチカラで勝ち取った訳ではありません。あなたの働いていた企業のチカラだということを忘れてはいけません。

新卒のあなたが辞めてもしまっても、誰も困りません!また、新しい会社では、最初から信頼を勝ち取らなくてはなりません。

信頼関係を築き上げるにはあなたが思っている以上に労力を使いますし、時間がかかります。

もしも人と接するのが苦手という人であれば、人一倍疲れて、神経をすり減らすこともでてくるでしょう。

 

 

第二新卒が有利になり採用される理由

第二新卒が有利になり採用される理由

第二新卒が有利になることも!

  • ビジネスマナーを身につけいているとみなされるので、企業にとってはプラスになる
  • 第二新卒は若くて伸びしろがあるので期待されている
  • 新卒より仕事の覚えも早く、臨機応変に対応できる

 

ビジネスマナーを身につけいているとみなされるので、企業にとってはプラスになる

第二新卒はすでにビジネスマナーを身につけていると思われているので、わざわざ1から教える必要もなくなり、企業にとってはプラスになります。

社会人経験があるのと、社会人経験がないのでは、働きだしてから大きな差がでてくるのです。

人材不足の企業が欲しい人材を考えた時に、1から全て教えなければいけない新卒がいいのか、ある程度ビジネスマナーを身につけていて手間がかからない第二新卒がいいのかは明らかですね!

 

第二新卒は若くて伸びしろがあるので期待されている

第二新卒のほとんどが20代の若手だと思います。若い人材はとにかく吸収が早いので、将来的に考えて伸びしろのある人材だと思われます。

何しろまだ前職の企業の色に染まっていなく、企業としても、何でも率先して仕事をしてくれる第二新卒の存在は大きいのです。

 

新卒より仕事の覚えも早く、臨機応変に対応できる

新卒はすべてが初めての経験のため、仕事の覚えはゆっくりですが、第二新卒になれば、少しは仕事にも慣れてきている時期なので新卒より覚えは早いと考えられます。

また、社会人としての経験は浅いが、全てにおいて意欲的であらゆる状況に臨機応変に対応できるのが魅力的だと考えられています。

 

まとめ

今回のまとめ

第二新卒が不利と言われる6つの理由を知って、転職活動に活かそう
第二新卒で不利だと思うなら転職エージェントに登録すること
第二新卒が不利と言われないために抑えておきたい5つのステップがある
第二新卒のQ&Aであなたの不安を取り除こう
第二新卒にはメリットとデメリットが必ずある

榎木田 先生
第二新卒不利と言われいている理由と間違った転職活動をしない方法わかりましたか?
何だか奥が深くて、何も考えないで転職活動をすると痛い目に合いそうな気がしてきました。
生徒の田中くん
榎木田 先生
私は独りで転職活動を行うのはオススメしませんね!
やはり転職エージェントに登録することが最短で成功する確率を高くするのでしょうか?
生徒の田中くん
榎木田 先生
転職エージェントは転職のプロなのです。

登録をするだけでも、やってる人と何もやってない人のはつきます。

私は独りで転職活動を行っても何とかなると思っていたのですが、そんなことないのですね!
生徒の田中くん
榎木田 先生
独りの転職活動には限界があります。

第二新卒は精神的にも辛くなる時期がきっとあります。

そんな時にサポートしてくる存在が絶対に必要です。

第二新卒が不利だと思うならなおさら登録することをオススメします。

正直、第二新卒が不利だと言っても何とかなると思っていたので考えを改めます。

そして、転職エージェントに登録しようと思います。

生徒の田中くん
榎木田 先生
動いている人はもうあなたより先に動いています。

-第二新卒

Copyright© 20代スピリット!転職と就職成功への道 , 2020 All Rights Reserved.