20代の転職と就職!成功道

〜第二新卒・既卒・フリーター向け転職応援サイト〜

第二新卒・既卒・フリーター

なぜ第二新卒は転職市場で注目されるのか!歓迎される7つの理由!

2019年6月29日

第二新卒の転職市場をしっかり理解したいが、どうやって調べればいいのか、どうやったらうまく転職活動ができるかなど、困っている人って意外と多いと思います。

また、転職市場で第二新卒は歓迎されるようなのです。歓迎される理由知りたくありませんか?

榎木田 先生
この記事を読むことで、第二新卒が転職市場で歓迎されている理由がわかり、歓迎されている理由を網羅すれば転職活動がうまくいきます。

また、第二新卒者の市場は専門のプロに教えてもらうのが鉄則です!効率的に転職活動を進めるためにもプロのチカラを借りましょう。

さて、あなたはこの記事を読み進めて、あなたの時間を有効にながら転職活動を行い、失敗のない時間の使い方で無駄をなくしましょう。

 

なぜ第二新卒は転職市場で注目されるのか!歓迎される7つの理由!

歓迎される7つの理由!

  1. 新卒者を期待しているだけでは人材不足は解消されないから
  2. 新卒の就活市場が売り手になっている
  3. 教育コストがかからない
  4. 新卒に比べて社会人経験を積んでいる
  5. 若くて会社の色に染まっていない
  6. 新卒者等の早期退職者の補充
  7. とにかく若いこと

 

新卒者を期待しているだけでは人材不足は解消されないから

特に大手企業であれば毎年のように、新卒の新入社員が入って来るとは思いますが、内定を出した全員が入社してくるとは限りません

例えば新卒枠が5名だったとして、内定辞退者が3人いたとすると、新卒は2名となってしまい採用側からするとかなりの痛手になる訳です。

最近は大手企業でさえも人材不足だと言われてしまっているので新卒を確実に確保できないと年々企業として厳しい状況になるのは間違いありません。

もし新卒枠の内定者が辞退した時に、第二新卒者は企業からすれば喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

 

新卒の就活市場が売り手になっている

新卒の就職活動が売り手の状況にあるため、新卒者は数多くの求人から企業を選ぶことができます。

売り手市場になると、内定を出しても絶対に入社してくれるとは限りません。最近よく耳にする「有効求人倍率」は1.0以上を上回っています。

有効求人倍率からも分かるように、新卒者は求人も選択肢が増えて焦ることなくじっくり考えることができてしまうのです。

企業側からすると人材確保が難しくなってしまい、自ずと第二新卒に頼らざるを得ない状況なのです。

 

教育コストがかからない

第二新卒者は、ある程度前職にて教育を受けているので、改めて入社後に教育をする必要もなく企業からすれば、教育コストを抑えることができるのです。

教育コストがかからない第二新卒は企業にとって救世主となるのです。

 

新卒に比べて社会人経験を積んでいる

新卒と比べると、社会人経験が多少はあるので、社会人としての最低限のマナーをすでにマスターしてる。

社会人経験があるのと、ないのでは企業からすると大きな差なのです。1から教える必要もなくなりますし、人材不足の企業からすると教える手間も省けるのです。

新卒と比べると、第二新卒は1年~3年間は社会人として働いています。そんなに変わらないのでなないかと思われるかも知れませんが、新卒時期の飲み込みはとても早く、成長も早いのです。

伸びる時期真っ只中にいる第二新卒は、即戦力として大いに期待されているのです。

 

若くて会社の色に染まっていない

第二新卒はまだ、年齢も若いので、基本的に会社の色に染まっていないので変なクセが付いていないのが歓迎される理由です。

もし30代の中途採用者の場合だと、ある程度前職の色がついてしまっていて、抜け出すことができないのです。逆に扱いずらい人材になってしまう可能性があります。

第二新卒であれば、どのような場合でもそれなりに対応してくれるので、会社に馴染むことがとても早く戦力になります。

 

新卒者等の早期退職者の補充

実は新卒者の早期離職者がとても増えているのが現状なのです。

新卒で入社をしたが、企業とのミスマッチを理由にして退職してしまう若手社員がとても増えています。企業も予期せぬ、退職のために新卒者の補充をしなくてはいけません。

そこで同じ年齢ぐらいで同じ理由で辞めてしまっている第二新卒に目をつけれいる訳です。

第二新卒はほぼ、企業とのミスマッチを経験しているため、第二新卒時の転職活動は慎重に行っています。

新卒時の就職活動とは全く力の入れようが違うでしょう。企業研究もかかさずに転職活動をしているハズです。

企業研究をかかさずに行っている第二新卒であれば、ミスマッチも極力なくすことができるので内定をだしても、ずっと働いてくれる可能性が高まります。

翌年の新卒枠を増やすより第二新卒で長く働いてくれる人材を探した方が企業にとっては財産になるのです。

 

とにかく若いこと

とにかく若いというのが最大の理由ではないでしょうか。

若いので、育て方次第ではとんでもないスーパーサラリーマンに変貌を遂げてくれるかもしれません。

将来的に考えると若い人材を育てれば、可能性として将来会社をしょって立つ人材になってくれるので、30代や40代の実績のある人材を雇うよりは、これから将来を見据えて若手の人材をたくさん雇った方が企業としては良い傾向になるのです。

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

 

 

第二新卒の市場は専門のプロに教えてもらうのが鉄則!

転職エージェント

転職エージェントと呼ばれる、第二新卒の市場を網羅した転職のプロです!

 

第二新卒の転職活動を独りで行うと決意しているあなた!ちょっと待ってください、もう転職は独りで行うのは流行ではありません!

あなたと企業の間を取り持ってくれるサービスを利用するのが好ましいのです。

分かりやすく説明すると、よくプロのスポーツ選手が代理人を使ってチームとの契約交渉をしているのを目にすると思います。

代理人に全てを託して自分はプレーにだけ専念できるようにする為です。代理人を利用すれば、言いたいことも、年俸の話も、待遇も全て代理人が話をチームとつけてくれます。

驚くかもしれませんが、転職でも同じことが出来るようになっているのです。

その名も転職エージェントです。

要するに代理人と一緒です。あなたと企業の間に入って、全ての交渉事を行ってくれるのです。

今までの就活って、どうしても独りで行うのが主流だったので、給与のことや、労働条件など、深く聞くことが出来なかったのが現状でした。

しかし、もう転職エージェントを利用すれば、全てのお悩みは解決するようになっています。

転職エージェントに登録した後に、みっちり転職エージェントと面談がありますが、面談の場であなたが全てを伝えてしまえば、あとは転職エージェントが速やかに動いてくれるのです。

「どんな仕事がしたいのか」「労働条件」「希望の給与」「休日」「福利厚生」などあなたが希望する条件を全て伝えればいいのです。

あなたの条件からあなたに合った企業を転職エージェントが探してくれます。間違いなく今までの転職活動と違った結果を生み出してくれるでしょう。

登録もサポートを受けるのも無料なので、利用しないのがもったいないと思います。

詳しくは第二新卒に転職エージェントをオススメする理由!をご覧ください。

 

20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!再就職ならジェイック!

 

 

第二新卒の市場から離職率と退職理由を知ろう!

転職の理由とは?

  • 人間関係が悪かった
  • ブラック企業に入社してしまった
  • 給与面や福利厚生等の条件で話と違うことがあった
  • 休日出勤、長時間労働、サービス残業が当たり前の企業だった
  • 精神的・肉体的に体を壊してしまった
  • 仕事のやりがいを感じられなかった
  • 会社の将来に不安を覚えた

 

参考:厚生労働省「新規学卒者の離職状況」

 

人間関係が悪かった

正直、人間関係の問題は新卒に限らず入社してみないと分からない問題ではあります。

しかし、ずっと働いて行かなくてはいけない場所で人間関係がうまくいかないと、仕事以外で無駄な体力や気を使わなくてはいけなくなります。

相当仕事が大好きで、人間関係が少しおかしくても構わないっていう鋼の心を持っていないと辛くなります。

退職してしまう理由の上位は常に人間関係が関わっています。

 

ブラック企業に入社してしまった

新卒で入社すると、ブラック企業を判断するのって難しいと思うのです。なぜかと言うと、現状が普通だと思ってしまうからです。

働くってことは「こんな感じなんだ!」って洗脳されてしまうのです。

人間関係もそうですが、社員を人と思っていなかったり、タダのコマだと思っていたり、社長が利益を上げたいが為に、社員に無理をさせて仕事を振って来たり、出来ませんを言わせない環境を作り上げるのです。

時代はこんな企業を良しとしません。ブラック企業に残るのか、辞めるのかはあなた次第ですが、ブラック企業にいても1つもいいことはないように感じます。

 

給与面や福利厚生等の条件で話と違うことがあった

面接時に給与面や福利厚生について詳しく聞くのは、印象が悪いと言われています。

しかし、よく考えると変な考えですよね?企業と応募者が対等ではない感じが!!

人それぞれ条件ってあってイイはずなんです。この条件面をしっかり話し合わないからミスマッチが起こり退職者が増えて行くのですから。

面接時にでもしっかり条件や給与の事を聞くことが出来れば、話が違うってことは起こらないでしょう。

面接のやり方もこれからどんどん変化を遂げて行かないといけませんね。

 

休日出勤、長時間労働、サービス残業が当たり前の企業だった

忙しいから昼食を取らないのは当たり前、仕事が終わらないから定時を過ぎても帰らないが当たり前、社員が普通に休日出勤しているから行くのが当たり前。

ブラック企業はすべのことが当たり前で仕事をしています。

ブラック企業と気付いて早急に辞めるのか、我慢して体を壊してしまうのか、あなたはどっちを選びますか?

 

精神的・肉体的に体を壊してしまった

我慢して、我慢して、結局のところ精神的・肉体的に崩壊してしまい外に出ることができなるなってしまいます。

そこまでして働きますか?体をこわしてしまったら何にもなりません。体を壊しても働いていた企業は何もしてくれませんよ。

今、苦しいと感じている人は何かしら体がSOSをきっと出しているバズです。

働くことは大切ですが、でも間違いなく体が一番です。早急な判断を・・・

 

仕事のやりがいを感じられなかった

一体なんのために会社に来ているのだろうと感じたことはありませんか?

私が知っている1つの例ですが、一日中見積を作っては上司に確認して、その都度見積を否定され、相手のクライアントも電話でしか話したことなのない所ばかり。一体何のために営業をしているのだろうと悩んでいる人を結構見てきました。

営業は外出してナンボの仕事ですよね。これではやりがいを感じられないのは当然です。ミスマッチはここでも生まれてしまうのです。

 

会社の将来に不安を覚えた

中小企業は若手がいなかったりするので、基本的に不安になります。

ましてこれから先自分しかいなくなってしまったらどうすればいいのかという考えなくていい不安に襲われます。

社員の事を第一に考えていたら不安を覚える様な事にはならないハズです。

あなたはしっかり会社を見極め正確な判断をしましょう。

時には直感も信じて見てもいいのではないでしょうか!

 

ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

 

 

転職市場でよく耳にする第二新卒とは?

第二新卒とは?

第二新卒とは、最終学歴(高校・大学等)の学校を卒業して新卒として入社した企業を3年以内で離職した求職者の人達を意味します。

 

榎木田 先生
第二新卒は、新卒で入社した企業を数年離職してしまい、転職活動を行っている人たちを指しますね。
まさに今の私にとってのタイムリーな話ですね!
生徒の田中くん
榎木田 先生
第二新卒の解釈としては、20代中盤あたりの世代が一般的です。
新卒に非常に似ていて近いけど、唯一の違いは社会人経験はあることですよね?
生徒の田中くん
榎木田 先生
そうですね!第二新卒は若くて社会人経験があるというのが強みなのです!
もっと詳しく知りたくなってきました!!
生徒の田中くん

 

高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

 

 

第二新卒の特徴を網羅して転職市場は独り勝ち!

最低限のマナーをすでに身につけている

社会人とはどういったものなのかを1から教育しなければいけない新卒に対して、第二新卒は最初から教える必要もなく時間もコストも抑えることができます。

第二新卒の特徴をつかむならば、受け身の姿勢ではなく「社会人としての最低限のマナーは身につけたつもりですが、まだまだ未熟なので積極的に行動します」など率先して自ら教えてくださいと学ぶ姿勢が好ましいです。

 

採用すればすぐにでも働くことが可能

第二新卒者は、転職活動真っ最中の人がほとんどだと思います。

企業はすぐにでも人材を確保したい訳で、新卒者のように卒業を待っている時間はないのです。

第二新卒は内定をだせばすぐにでも入社が可能であることもアピールポイントなのです。面接では、すぐにでも働けることを伝えましょう。

 

若いので素直に聞き入れ柔軟性もある

若くて素直に話を聞き入れることができれば、企業からはとても歓迎されるでしょう。

また、柔軟な対応も若いので可能な所も企業は評価しています。

いくら人材不足だからと言って、自分の考えを押し付けて、周りの話も聞かないで仕事をする人を企業は採用するでしょうか?答えはノーです!

 

すにぐに他人のせいにしない

よく、すぐに他人のせいにする人がいます。「誰々が言ったから・・・」「誰々はこうしているから・・・」などやたらと他人のせいにしたがるのです。

実際には他人が悪い時もあるとは思いますが、そこは一旦受け入れることができる人が強いです。

仕事は1人で行うものではないので、例え他人が悪かったとしても「自分も確認をしなかったから悪い」と言える人の方が企業からすれば働きやすい人材になります。

周りの空気を一気に下げる人は企業からも好かれません。

 

ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

 

 

第二新卒の市場を把握し転職を成功させよう

第二新卒の転職を成功させるには!

  • 興味のある業界や会社の企業研究を惜しまない
  • 自分のアピールポイントを知っている
  • あなたの将来の夢と転職先に一貫性があるか
  • あなたと一緒に働きたいと思わせられるか
  • 熱意や仕事に対しての姿勢をうまく伝えられるか

 

興味のある業界や会社の企業研究を惜しまない

新卒時の就活って、内定をもらうための就活ではありませんでしたか?

受ける企業を多くして「内定をもらえればそれでいいや!」のように就活をしていませんでしたか?

第二新卒のあなたはハッキリ言うと、新卒の就活は間違ってしまったから今、転職活動をしているのだと思います。

もう第二新卒での転職は失敗したくありませんよね?あなたは興味のある業界やあなたがやってみたい仕事など、あらゆる手段で調べることが大切です。

企業研究と市場を知ることが、第二新卒の転職を失敗しない方法の1つです。

 

自分のアピールポイントを知っている

第二新卒の転職では、あなたのアピールポイントがどこなのかを把握していなければいけません。

しかし、ただあなたのアピールポイントを伝えてもダメなのです。ちゃんと転職市場を把握しておかないとただの自慢話で面接は終了です!

要するに、企業がなぜ第二新卒者を採用したがるのかをあなたは知っておかなくてはいけません。

知ったうえで、あなたを今すぐにでも欲しいと思われ、企業にとってプラスになる人材であるということをアピールしなければ何の意味もないと言うことです。

もしかしたらあなたの本当のアピールポイントは全く役に立たないかもしれません。

しかし、第二新卒の転職では企業が今すぐに入社してほしい人材にならなければ勝ち目はありません。

転職市場を把握しておかないと、企業の需要というものをつかむことができません。

あなたは短いかもしれませんが、今までのキャリアを棚卸して、第二新卒者を必要としている企業の企業研究からあなたのアピールポイントを探さなくてはいけません。

 

あなたの将来の夢と転職先に一貫性があるか

あなたにもし将来の夢があったとします。あなたの夢と、第二新卒で応募した企業が全く関連がなかった場合、面接官はどう思うでしょうか?

「夢と関係ない会社員なぜ応募したのだろう?」「とりあえず、内定をもらえればどこでもいいのだろう」「本当にやる気はあるのかな?」など厳しい状況に追い込まれます。

面接であなたの夢を語るのであれば、応募した企業と少しでも関連性を持たないと、ウソがバレてしまいます。

第二新卒の転職は誰もが失敗したくないと考えています。将来の夢ややりたいことがあるのであれば、少なからず一貫性のある企業に応募を考えましょう。

 

あなたと一緒に働きたいと思わせられるか

あなたが面接官だったとして、一緒に働きたいと思わない人に内定を出しますか?出しませんよね?

第一印象は結構大事だと私は思います。やはり面接官も人間なので、第一印象は必ず持つはずなのです。

第一印象が良いのと悪いのでは、面接がスタートした時点で差がついてしまいます。

人は外見じゃないとよく言われます。それはその通りなのですが、第一印象となると別の話です。

あなたがこれから行わなくてはいけないことは、一緒に働いても大丈夫そうだなと思わせることが出来るかがカギとなってきます。

 

熱意や仕事に対しての姿勢をうまく伝えられるか

第二新卒で一番大切なこと、それはあなたのやる気や熱意ではないでしょうか。

新卒での失敗をしっかり受け入れ反省しましょう。そして第二新卒では後悔しない転職をするという熱意と仕事に対しての姿勢を伝える必要があります。

結局、若いのにやる気がなかったり仕事に対する熱意が見つからないといくら人材不足だからと言って、企業はそんな若手はいりません。

また、すぐに辞めてしまうと思われて終了です。

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

 

 

第二新卒の市場を把握しないでいると転職失敗の原因となる

新卒と同じ考えで、同じ就職方法である

新卒の時と同じ就活をしていると間違いなく失敗してしまいます。

新卒の時は、内定をたくさんもらう為に、大手の企業や人気のある企業を攻めていたと思いますが、第二新卒で同じことをやっても成功は難しいでしょう。

よく考えましょう!!第二新卒を欲しがる企業はなぜ、新卒じゃなくて第二新卒の求人を出しているのかを・・・。

この記事内でも何度のお伝えしていますが、第二新卒は社会人としての経験があって研修コストを考えなくて済むので歓迎されるわけです。

新卒だったので、まだ何も経験がありません。マナーも分かりませんじゃせっかくのチャンスが無駄になってしまいます。

また、学生時のように独りで就職活動するよりも、第二新卒は就職支援サービスを使うのが有効なのです。すべては転職市場を把握したものが生き残れます。

 

将来のビジョンを描けずに、考えがブレている

第二新卒ってことは、1回は就職を失敗してしまっていると思います。誰もが次の転職では失敗をしないで、長く働ける企業を探しているハズです。

しかし、第二新卒にもなって将来のビジョンも描けずに転職活動にのぞむ人がいます。新卒でもないのに将来やりたいことを答えられないと面接では良い印象を与えられません。

まず、将来のビジョンもないのに、応募理由が応えらるのでしょうか?面接官は何がしたくて応募してきたのだろうと疑問に思います。

何度も言うようですが、第二新卒を欲しがっている企業は第二新卒に何を期待しているのかをもう一度考えながら転職活動を行いましょう。

 

転職理由をネガティブのまま面接官に伝えた

第二新卒の転職理由は、実を言うとポジティブにするのが鉄則です。

詳しくは第二新卒の転職を成功させる方法とは?あなたがすべき5つのこと!をご覧ください。

結構ミスしがちなのは、ネガティブな転職理由を堂々と面接官に伝えてしまうことです。

先生や友達じゃないんだから、ネガティブの転職理由をそのまま伝えても面接官は決して同情してくれません。

ただあなたの不採用が早々に決まるだけです!

面接官はあなたに本音を喋らせるために、ワザとあなたに興味があるふりをします。

面接を盛り上げて、本人に手ごたえがあると思いこませて、腹の底に眠っている本音を引き出そうとします。

面接がリラックスして盛り上がって来ると、人は不思議なものでベラベラと本音を話しだしてしまうものです。共感してくれていると勘違いしだしてしまうのです。

よく面接の後に手ごたえを感じていたのに不採用の通知が来て落ち込んだ人の話を聞きます。あなたは、どんな状況でも転職理由をポジティブに変えて面接にのぞんで下さい。

 

前職をすぐに辞めた理由を反省していない

第二新卒の場合、前職を辞めてしまったことを受け入れて反省することから始めましょう。

どんな理由があったにせよ、辞めてしまったのは事実です。前職の企業がどんなにブラック企業であっても辞めてしまったのは事実です。

自分のせいではないのかもしれませんが、退職を受け入れ、自分が悪かったと反省して第二新卒の転職活動を行いましょう。

反省しないまま次の転職活動を始めると、前職を辞めた理由を会社のせいにしてしまうクセがつきます。面接などの大事な場面で会社のせいにしてしまうクセが出てしまいます。

企業の悪口を言う人に内定を出すでしょうか?よく考えて転職活動をしましょう。

 

ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

 

 

第二新卒はこう思われている

実は第二新卒ってこう思われている

  • またすぐに辞めてしまうのではないか?
  • 善悪の判断ができないのではないか?

 

またすぐに辞めてしまうのではないか?

どうせまたすぐに辞めてしまう。これが第二新卒のあなたが一番企業から思われていることです。

あなたはどうやってすぐに辞めない人材なのかをアピールしていかなくてはいけません。

「やりたいことが応募企業でないとできない」「新卒時の失敗を繰り返したくない」と反省も合わせて答えるのかパターンはいくつも考えられるので、あなたに合ったアピール方法で面接に向かって下さい。

第二新卒の転職活動は「すぐに辞めてしまう可能性」をなくした人が勝ち残ります。

 

善悪の判断ができないのではないか?

早期に離職してしまうということは、善し悪しの判断が出来ない人物なのではないかと思われます。

社会人としての判断が出来ない人物と思われないように、まずは自分は間違っていないという考え方を捨てた方がいいでしょう。

常に自分が間違っているのかもしれないといった謙虚な気持ちを持って行動してください。

要するに面接で面接官に自分勝手な人だなと思われないことが第一です。

 

20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!再就職ならジェイック!

 

 

まとめ

今回のポイント

  • 第二新卒は転職エージェントを利用した方がお得!
  • 第二新卒は歓迎される理由があるので把握しよう!
  • 年々新卒からの離職者が増えているのであなたはチャンス!
  • 第二新卒の特徴を利用してライバルと差をつけよう!
  • 第二新卒は市場を分かっていないと失敗する!
  • 第二新卒は実は企業から思われていることがある!
榎木田 先生
信輔くん、第二新卒の市場を網羅した転職エージェント登録した方が、圧倒的に転職活動を有利に進められると思いませんでしたか?
全くその通りですね!私は独りで就職活動を行うのが当たり前だと思っていましたから。
生徒の田中くん
榎木田 先生
今は、企業とのミスマッチをなくすために応募者企業の間に転職エージェントが入って話を進めるのがホントに多くなってしました。
代理人制度とまでは行かないと思いますが、転職エージェントの方が精神的にも肉体的にもして活動ができますもんね!
生徒の田中くん
榎木田 先生
転職活動は独りで進めていると必ず精神的に追い込まれて来ます。回避するには転職エージェントに登録することが一番でしょう。
私は転職を考えているので、今すぐにでも登録をしようと思いました!
生徒の田中くん
榎木田 先生
頭の中に転職がよぎったら、即登録をオススメします!心に余裕のあるうちに登録しておくことが、後悔しない転職の方法です!

 

優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

 

 

ジャンル別おすすめ転職エージェント!!

第二新卒・既卒・フリーターに強い転職エージェント

  • メディアも注目話題のサービス
  • 職業紹介優良事業者に認定
  • 個別サポートあり
  • ブラック企業の求人は除外
  • 正社員求人のみご紹介

第二新卒・既卒・大学中退・フリーターまで20代の就職支援はすべて無料!

こんな人におすすめ

  • 今年こそ正社員になって働きたい方
  • 安心して長く働ける企業に就職したい方
  • 履歴書の内容や面接に自信がなく受かるか不安な方
  • 正直、やりたい仕事がわからない方

サービスの強み

  • 職業紹介優良事業者に認定されている!
  • フリーター・未経験・既卒から就職成功率は80.3%
  • 就職した企業への定着率・満足度94.3%
  • 企業選びから就職後まで、安心の個別サポート

今、メディアも注目しているサービスです。

業界大手をお探しの方におすすめ転職エージェント!!

  • 非公開求人が多数
  • 職種・経験・年齢、問わず利用可能
  • 転職活動など手続きの代行
  • 年収・条件面の交渉あり
  • 10万件以上の求人

あなたに合った仕事探ししてみませんか?

こんな人におすすめ

  • まずは自分で仕事を探してみたい方
  • 1人での転職活動はとても不安という方
  • 現在働いていて、あまり転職活動の時間が取れない方
  • 業種・職種の専門知識を持った転職エージェントを探している方

サービスの強み

  • キャリアカウンセリング後、求人の紹介します
  • 応募企業に合わせた応募書類の添削・面接サポートします
  • 転職活動に関わる手続きを代行します
  • 年収交渉など、あなたが言いづらい条件面を調整します

女性の転職にも強いおすすめ転職エージェント!!

  • 女性の転職
  • はじめての転職
  • 年収アップのサポート
  • 書類・面接などアドバイス
  • 転職支援サービスは無料

パソナキャリアは女性の転職を応援します!

こんな人におすすめ

  • 女性の就労支援サービスをお探しの方
  • はじめての転職で不安や疑問ばかりで何をしたらいいのかわからない方
  • 非公開求人を多く持ち合わせている転職エージェントをお探しの方

サービスの強み

  • 取引実績企業16,000社以上から求人がよせられる
  • 親身な面談はじめての転職も安心
  • プロのコンサルタントが、年収アップをサポート
  • 書類・面接から退職手続きまでアドバイス
  • サービスはすべて無料

-第二新卒・既卒・フリーター

Copyright© 20代の転職と就職!成功道 , 2019 All Rights Reserved.